カテゴリー : システム開発(System Development)

Moodle 2.6.2+をCentOSにインストールする

Moodleの最新版をテスト環境のCentOSにインストールするための手順を残しておきます。 基本的にはこちらのサイトに沿ってインストールすれば良いと思います。そのため、今回はWebからインストールする画面遷移を残すに留…

続きを読む

CentOSでよく使うコマンド

CentOSを頻繁に使う環境にありますが、コマンドを覚えているわけではないので、毎回、コマンドを調べて実行しています。そこで、私が頻繁に使うコマンドをメモとして記載しておきます。     環境情報 mgate CentO…

続きを読む

CentOS上のMySQLを操作するコマンド

CentOSにインストールしたMySQLを操作するコマンドのメモです。           MySQLのrootユーザーでログインする mgate CentOSのユーザー名 centos01 CentOSのサーバー名 r…

続きを読む

CentOSでVSFTPDを使ってFTPアクセスのファイルアップロードができない

CentOSにてVSFTPDでFTPサーバを立ち上げましたが、なぜかファイルは表示されるものの、ファイルの上書きアップロードができないという状況に直面しました。 エラーメッセージは「553 Could not creat…

続きを読む

TalendのメタデータにSQL ServerへのDB接続を作成する

Talend(Talend Open Studio for Data Integration 5.4.1)を使ってデータ連携をする時には、まず、メタデータを作成する必要があります。前回はSQL Serverへ接続するとき…

続きを読む

TalendのメタデータにSQL ServerへのDB接続を作成する(ODBC経由)

Talend(Talend Open Studio for Data Integration 5.4.1)を使ってデータ連携をする時には、まず、メタデータを作成する必要があります。そこで、TalendのメタデータにSQL…

続きを読む

moodle 2.5 コースデータに外部データベースを設定する

moodleと基幹システムなどの他システムを連携し、ユーザーのコースアサインを他システムデータに依存する場合は、外部データベース設定が有効です。 ログイン処理が走った時に、外部データベース(任意のデータベース)を参照し、…

続きを読む

moodle 2.5 認証に外部データベースを設定する

moodleと基幹システムなどの他システムを連携し、ログイン情報を管理したい場合には、外部データベースを設定することで簡単に連携が可能です。 ログイン処理が走った時に、moodleデータベース内に該当ユーザーが居なければ…

続きを読む

moodleでアクセスURLを変更する方法と注意点

moodleを使って開発をしていて、開発環境の移行やネットワーク環境の変更によるアクセスURLの変更というのは、よくある話だと思います。 インストール時にアクセスURLを設定するものの、いざ、アクセスURLを変更しようと…

続きを読む

Talendをインストールする

無償OSSのETLを探し、そしてインストーラーのダウンロードまで終わりました。 今回はTalendのインストールの流れについて記録したいと思います。     Javaをインストール まず、最初にJavaが動作する環境とな…

続きを読む