なるべく軽いPDFを作成する方法

IMG_0774

PDFと言えば、基本的には編集しない想定のデータを共有するための、スタンダードなドキュメントフォーマットとして、多くの場面で使われています。そこで今回は、PDFをメールに添付して共有したいときに、なるべくファイル容量を軽くしたい。基本的には印刷をするものではなく、デジタルデータとして読めれば十分。こんな、要望を満たすために、フリーのPDF作成ツール(BullZip、CubePDF)を使って比較してみました。
この2つのPDF作成ツールを選択したのは、単純に、私が昔から使っているソフトだからです。
また、今回はWebデータのPDF化をサンプルとして比較したので、ChromeのPDF作成機能も一緒に比較対象としてみました。

結果から先に書いてしまうと、この3パターンの中ではCubePDFが一番、軽いPDFファイルを作成できました。
他にもお奨めソフトがありましたら、ご紹介ください。また、今回のソフトでも、もっと良い設定方法があるかもしれませんので、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントください。

出力元のデータ

出力元のデータはこのブログのトップページを使っています。
BlogPage

実験方法

Chromeを使って本ブログを開き、印刷します。
BlogPagePrint

送信先の変更から、以下の3パターンで出力してみます。
もちろん、あらかじめChrome、CubePDF、BullZip PDFはセットアップ済みです。

  • PDFに保存
  • CubePDF
  • BullZip PDF Printer

出力結果をAcrobat Readerで確認し、各ファイルのプロパティからファイル容量を比較します。

ChromeのPDFに保存

ChromeのPDFに保存を使ってPDFを出力した結果は、

容量は3.94Mbでした。

CubePDF

CubePDFを使ってPDFを出力した結果は、

Chromeの機能と比較しても、あまり遜色無さそうです。

容量は1.21Mbでした。

Chromeと比べて、スリムになった感じですね。

設定は詳細設定タブのダウンサイジングをいじっています。

BullZip

BullZipを使ってPDFを出力した結果は、

う~ん、、一番これが粗いような・・・。

容量は15.4Mbでした。

なぜ、こんなに・・・というくらい重くなっています。

設定はドキュメントタブのPDFの品質と互換性レベルをいじっています。

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA