EaseUS Todo Backup Free 6.5を使ってWindows8.1をクローンしたら、0xc000000eが表示された

IMG_0801

自宅マシンのハードウェアの都合により、Windows 8.1が入った500GbyteのHDDを300GByteのHDDへ変更するために、EaseUS Todo Backupを使ってクローンを実施したところ、簡単に起動ができませんでした。どうにか解決し、問題無く動作しましたので、記録しておきます。
 
 

EaseUS Todo Backupのダウンロードおよびインストール

こちらからEaseUS Todo Backup Free 6.5をダウンロードしてインストールしました。
ここまでは、問題無しです。

クローン作業の実施

EaseUS Todo Backup Free 6.5を立ち上げ、左メニューの「クローン」をクリックし、「ディスククローンを」クリックします。すると、クローンするドライブなどを選択するウィザードが立ち上がるので、ウィザードに沿って「次へ」をクリックしているとクローンが始まります。

2014-02-24_0903

2014-02-21_1012

最初に指定されている時間は、だいぶ見込み違いですのでご注意を。私は260Gbyteくらいの容量があるHDDをクローンしたのですが、数時間かかりました(仕掛けてから外出していたので、正確な時間は・・・すみません。)。

クローンしたドライブでの起動

クローンドライブができたところで、クローン元のドライブを外し、クローンしたドライブを使って起動をさせたところ、、、0xc000000eエラーが表示されて、起動できませんでした。

IMG_0918

そして、Enterを押すと、、またもや、、

IMG_0919

後は、何度Enterを押しても同じ動き。

ここからが大変でした。

Windowsの起動ディスクを使って修復したり、Windowsのバックアップで移行作業をしようと(容量が違うとイメージからの復旧ができないみたいです)試したり。。

原因は起動する部分の領域がおかしくなってしまっているらしく、参考URLを見ながら修復を進めました。

インストールディスクを使ってコマンドプロンプトを表示

Windows8.1のインストールディスクから立ち上げ、「コンピューターを修復する」(下の方に小さくあるリンク)をクリックします。
IMG_0925

オプションの選択からトラブルシューティングを選択します。

IMG_0926

詳細オプションをクリックします。

IMG_0927

コマンドプロンプトをクリックして、コマンドプロンプトを表示します。

IMG_0928

コマンドプロンプトから修復

コマンドプロンプトに以下の流れでコマンドを入力して、作業を勧めました。

X:\sources>bootrec /fixmbr
操作は正常に終了しました。

X:\Sources>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.2.9200
Copyright (C) 1999-2012 Microsoft Corporation.
コンピューター: MININT-2PLN2C2

DISKPART> list disk

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
———— ————- ——- ——- — —
ディスク 0 オンライン 298 GB 1024 KB

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
————- —————— ——- ——-
Partition 1 プライマリ 21 GB 31 MB
Partition 2 プライマリ 276 GB 21 GB

DISKPART> select partition 2

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> active

DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています…

X:\Sources>bootrec /fixboot
操作は正常に終了しました。

X:\Sources>bootrec /fixmbr
操作は正常に終了しました。

X:\Sources>exit

この後、再起動をします。

またもや問題が発生

これで、いかるかな??と、思いきや、エラー表示が変わり「0xc000000f」というエラーが表示されたので、指定された流れに合わせて(インストールディスクから起動して、修復をする)作業を実施しました。
IMG_0924

自動修復

Windows8.1のインストールディスクから立ち上げ、「コンピューターを修復する」(下の方に小さくあるリンク)をクリックします。
IMG_0925

オプションの選択からトラブルシューティングを選択します。

IMG_0926

詳細オプションをクリックします。

IMG_0927

自動修復をクリックして、修復作業を開始します。

IMG_0928

修復画面が表示され、すぐに終わって通常のドライブから起動。
IMG_0929

無事に起動

IMG_0930

参考URL

http://kusumoto-jp.org/article.php/err0xc000000e

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA