MySQLへのODBC接続設定をする

IMG_0771

Windows上で、AccessやクライアントアプリケーションからMySQLのデータを操作するためにODBC接続設定をしたので、ODBCドライバーのインストールから設定までの流れをまとめました。
 
 
 

1.ODBCドライバーのダウンロード

ODBCドライバは各データベース用に用意する必要があるため、MySQL専用のODBCドライバーをこちらからダウンロードします。

2014-01-31_1230

Windows用のODBCドライバをダウンロードするため、Select PlatformからWindowsを選択(デフォルトはWindowsなので何もしなくて良い)し、インストーラーまたはZIP形式を選択し、システムの環境(32bitか64bit)に合わせてダウンロードする。今回はインストーラーを使ってインストールし、32bit版のインストーラーをダウンロード。
※32bitか64bitのどちらを選択するかは、こちらを参考にしてください。

2013-12-20_1202

OracleのWebアカウント登録または、ログインを求められますが、アカウントが無くてもダウンロードできるため、今回は「No thanks, just start my download.」を選択し、ダウンロード開始。

2.インストール – 開始

ダウンロードしたファイル(今回はmysql-connector-odbc-5.2.6-win32.msi)をダブルクリックしてインストールを開始します。

2013-12-20_1203

3.インストール – 規約の確認

規約を確認してNextをクリック
2013-12-20_1203_001

4.インストール – オプションの選択

インストールオプションを選択します。通常は推奨パターンのTypicalで良いでしょう。Nextをクリックするとインストールが始まります。

2013-12-20_1204

5.インストール – インストールの開始と終了

2013-12-20_1204_001

インストールが完了したらFinishをクリックしてダイアログを閉じます。
2013-12-20_1204_002

6.ODBCの設定 – 設定ダイアログを開く

Windowsのコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ >> 管理ツール >> データソース(ODBC)」を選択してODBCデータソースアドミニストレーターを開きます。
Windows7などで、64bit環境のOSを使っていて、32bit版のODBCを設定したい場合には「%systemdrive%\Windows\SysWoW64\Odbcad32.exe(C:\Windows\Syswow64\odbcad32.exe)」からODBCデータソースアドミニストレーターを開きます。

2013-12-20_1204_003

7.ODBCの設定 – ドライバーの確認

ドライバータブをクリックし、MySQLのドライバーがインストールされていることを確認します。

2014-01-31_1231

8.ODBCの設定 – ドライバーの追加

ユーザーDSN、システムDSN、ファイルDSNのいずれかをクリックし、追加をクリックします。
どのDSNを選択すれば良いのかは、こちらを参考にしてください。

2013-12-20_1206

9.ODBCの設定 – ドライバーの選択

MySQLのODBCドライバーは2種類入っていますが、今回はUnicode Driverを選択しました。基本的にはUnicode Driverを選択すれば良いらしいですが、、ここについては、もう少し調べたら記事にしたいと思います。

2014-01-31_1232

10.ODBCの設定 – MySQLへの接続パラメータの設定

いよいよMySQLへの接続パラメータの設定になります。ここのパラメータは接続先のサーバに合わせて設定してください。
2013-12-20_1207_001

Data Source Name ODBC設定を呼び出す時の名前になります。そのため、何でも良いですが、わかりやすい名前を付けるのが良いでしょう。
Description このODBC設定に関する説明文です。ODBCの名前だけでは、わかりにくい場合は補足で記載しましょう。必須ではありません。
TCP/IP Server, Port 一般的にはこちらの接続方法になると思います。対象となるサーバのIP Addressとポート番号を入力します。
Named Pipe 名前付きパイプ接続にする場合は、こちらを選択し、対象サーバの名前を入力します。
User MySQLの対象データベースにアクセスするためのユーザーを入力します。
Password MySQLの対象データベースにアクセスするためのパスワードを入力します。
Database データベース名を選択します。ここで、データベースが選択できなければ、ここまでの入力内容に間違いがあると思いますので、確認をしましょう。

2014-01-23_1501

入力が終わったら、Testボタンをクリックし、上記のダイアログが表示されればOKです。
Detailsボタンをクリックすると、細かな設定ができますが、今回はDetailsの項目は設定していません。
OKをクリックしてダイアログを閉じて終了です。

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA