SQL Server 2008 R2 Expressのインストール

IMG_0777_150_S

前回のSQL Server 2008 R2 Expressのダウンロードから、だいぶ掲載日が開いてしまいましたが、やっとインストール手順をまとめました。

それでは、ダウンロードしたSQLEXPRET_x86_JPN.exe(64bitの場合はSQLEXPRET_x64_JPN.exe)をダブルクリックして、インストールを始めましょう。

1.インストールセンター

インストーラーをダブルクリックすると、少し時間がかかってインストールセンターダイアログが表示されます。
メニューがいくつか表示されますが、今回はインストールなので、「新規インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します」を選択します。

すると、準備のためにしばらくお待ちくださいダイアログが表示されますので、ちょいと待ちます。

2.ライセンス条項

しばらくすると、SQL Server 2008 R2 セットアップダイアログが表示され、ライセンス条項に関する同意確認画面が表示されますので、同意して、次へをクリックします。(有償版の場合は、ライセンス条項の確認画面の前にプロダクトキーの入力画面が表示されます。)

セットアップサポートファイル画面が表示されますが、ここは勝手に進むので、次の画面が表示されるまで待ちます。(ちなみに、有償版の場合はインストールボタンが有効になっており、インストールボタンをクリックして次へ進みます。)

3.機能の選択

少し時間がかかって、機能の選択画面が表示されます。通常は、特に変更する必要が無いと思いますので、このまま次へをクリックします。

4.インスタンスの構成

デフォルトは名前付きインスタンスの「SQLExpress」がインスタンス名になりますが、任意のインスタンス名に変更可能です。また、ポートが固定となる既定のインスタンスが良ければ既定のインスタンスを選択する事もできます。後から変更もできますので、意味がわからなければ、デフォルトのままで次へをクリックします。

5.サーバーの構成

セットアップする対象のコンピュータが、開発機などで、常にSQL Serverを立ち上げる必要が無ければ、スタートアップの種類を自動から手動に変更しても良いかもしれません。自動の場合は、コンピュータを起動したら、SQL Serverのサービスも自動で開始するためです。ターゲットとなるコンピュータの用途によって、設定を変更しましょう。もちろん、後から管理ツールのサービスで設定変更可能です。

 
照合順序のタブをクリックすると、照合順序が設定できます。デフォルトは大文字小文字、ひらがなカタカナ、半角全角などの区別がありません。あらかじめデータベースの用途が明確で、要件が決まっているのであれば、インスタンス単位で照合順序を設定しておくと、下位のデータベースやテーブルで照合順序を都度設定しなくても良くなります。これも、後から変更可能ですし、必要に応じて、各レイヤーで照合順序を設定できます。

6.データベースエンジンの構成

データベースエンジンの構成画面のアカウントの準備タブでは、認証モードが設定できます。外部からの接続や、明確にSQL Server認証の利用目的が無い場合は、Windows認証のままで良いでしょう。後から変更可能です。


 
データディレクトリをクリックすると、どのフォルダ(ディレクトリ)にデータベースの中身を配置するのかが修正できます。システム構成に合わせて変更しても良いですが、今回は1ドライブのシンプルなコンピュータ構成のため、デフォルトのままにしておきます。


 
FILESTREAMタブを選択するとFILESTREAMの有効化が設定できます。サイズの大きなバイナリデータなどを多数管理したい場合にFILESTREAMを有効にすることで、SQL Serverの管理の下でバイナリデータがファイルシステムに置かれ、ハンドリングすることができるようになります。今回は、特にバイナリデータをデータベースに格納する予定はないので、デフォルトのまま無効にしておきます。

7.エラーレポート

エラーレポートに関する送信設定が表示されますが、特にレポートの必要性は無いので、デフォルトのまま次へをクリックして、インストールを開始します。

8.インストールの進行状況・完了

インストールを開始すると、コンピュータのスペックにもよりますが、かなり時間がかかります。


 
7~8分経過・・・

 
さらに10~11分後・・・やっと完了。

9.更新プログラムの検索

インストール完了後は、更新プログラムの検索をして、アップデートしておきましょう。

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA