jQueryのバージョンについて

320_IMG_0500_150

jQueryは大きく分けて1.x系と2.x系のバージョンがあります。
そこで、各バージョンの違いについて調べてみました。

▼jQuery 1.x
バージョン1.x系は2006年8月に1.0がリリースされ、その後、数か月単位でバージョンアップされ、現在の最新バージョンは1.10.2になります。
▼jQuery 2.x
バージョン2.x系は2013年4月に最初の2.がリリースされました。基本的にバージョン1.xと同じ動きをしますが、Internet Explorerの8以前の古いバージョンにおける動作をサポートしないため、バージョン1.x系よりも軽くなっています。(最新バージョンのminファイルで比較すると、1.10.2の91kbに対し、2.0.3は82kbと約1割の容量削減となっている。)

このように、会社などで、古いバージョンのInternet Explorerを使っているのであれば、業務システム開発用にjQuery 1.x系を使うと良いでしょうし、新しいブラウザのみを考えれば良いのであれば、jQuery 2.x系が良いのではないでしょうか。
また、細かいバージョン(2.0.3など)については、他のライブラリとの組み合わせなどによりバージョンの違いが原因で動作に不具合が発生する可能性もあるので、テスト実施以降についてはバージョンを固定した方が良いですね。

ちなみに、それぞれのバージョンについては、今後一緒にアップデートされていくようです。

参考URL

http://jquery.com

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA