jQueryの「min」ってどんな意味?

320_IMG_0500_150

jQueryには「min」と付いたファイルと付いていないファイルがあります。最初にファイル名を見たときには、minと付いているので、ライブラリの数が少ないのかと勘違いしてしまいましたが、両方とも同じライブラリであり、同じ動きをします。では、何が違うのでしょう。

▼uncompressed(例:jquery-2.0.3.js(237kb))
開発者が読みやすいように記載されていて、コメントが多く含まれているので、開発時や問題点を探る場合にデバッグしやすいようになっています。
▼minified(例:jquery-2.0.3.min.js(82kb))
コメントだけではなく、改行コード、インデントなどを全て削除し、できる限りファイルサイズを小さくしたものになります。そのため、開発者が読もうとしても読みにくいものとなっていますが、本番運用時には適しているでしょう。

ちなみに、jQueryのダウンロードサイトを見てみると、古いjQueryではpackedというファイルがあります。これは、minifiedをもっと小さくしてPack処理(JavaScriptの圧縮処理)をしたものらしく、サーバの負荷を軽減して、クライアント側に負荷を与える仕組みになっているようです。最近はリリースされていないので、minifiedが普通なのかな。。。

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA