Talendを入手(ダウンロード)する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回OSSのETLツールについて調査しましたが、結局OSSのETLツールとなるとTalendくらいしかない事がわかりましたので、とりあえず使えるかどうかダウンロードするところから始めてみたいと思います。

今回は、たまたまスクリーンショットを丁寧に取ったので、せっかくだから全て使って私の足跡を掲載したいと思います。

1.ホームページを開く

まずはTalendのホームページに行ってみましょう。そして、ダウンロードをクリックしてください。

2.ダウンロードページから製品を選択

ダウンロードページに行くと製品が6個もあって、とりあえず迷いました。ですが、今回は2つのシステム間のデータ連携になるので、データ統合のダウンロードボタンをクリック。

3.Windows版をダウンロード

次に今回インストールする対象は実験のためWindows 7なので、Windows版をダウンロードします。

4.保存

保存・・・意外と時間がかかります。そりゃ、そうか・・・400Mb以上だからなぁ。。

5.関連ドキュメントのダウンロード

今のうちに関連しそうなドキュメントをダウンロードしておくことにします。
3番の画面にあるUserManualsのタブをクリックしてみましょう。
最近アップロードされたばかりみたいですね。とりあえず、最新の英語版のドキュメントをダウンロードします。
こちらは、いろいろと個人情報の登録が必要になります。

ちなみに、ダウンロードしたドキュメントの「TalendOpenStudio_DI_IG_5.4.1_EN.pdf」3ページに動作に必要なシステム要件が記載されています。
Java JDK/JREさえ入れれば、だいたいは大丈夫みたいです。

6.入手完了

たぶん、ドキュメントはここまで必要ないと思いますが・・・とりあえず、これで一通りは入手しました。
それでは、次はインストールということで、次回へ。

Pocket
LINEで送る

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA